自動車保険 こんなときはどうするの?:自動車保険の賢い選び方

自動車保険は短期間のドライブにはかけられないの?

運転免許は習得していても、自動車を所有していないなどと言った理由から、自動車保険に加入していない人は結構いるかと思います。
そう言った方が、短期の旅行などに出かける際に、その間友達などの車を運転することになったケースでは、自動車保険を利用することができるかというと・・?

実はできるのです。

こう言った短期の運転機会に対する自動車保険の利用方法は幾つかあります。

まず、もっとも現実的な方法として挙げられるのが、車の所有者の自動車保険を使わせて貰うという方法です。
ただしこの方法は、その自動車保険の特約で『借主が運転することを禁止する』或いは『借主が運転してはいけない条件に該当する』と言った事態が発生するケースもあります。
その時には、一時的に条件を変えるケースが出来ます。
加入している会社に問い合わせ、手続きを行い、それに付随する追加料金を支払えば、一定期間のみ借主が運転可能な条件に変えるケースができるのです。

車の所有者のリスクを考慮する時には、ドライバー保険に加入するという方法もあります。
ドライバー保険は正式名称を『自動車運転者損害賠償責任保険』と言い、自動車を所有していない人が他人の車を運転する際に入るケースのできる保健です。
これに入れば、所有者に迷惑をかけるケースなく運転ができます。

また、自分の車の自動車保険には入っているものの、別の人の車を運転するケースになった時には、他車運転危険担保特約が利用できます。
この特約は、被保険者が自ら運転者として運転している車とは違う車を、契約している車とみなして保険金が支払われるというものです。
これがあれば、実質自分の自動車と同じような扱いで他者の車を運転できます。

何かの理由でこう言った方法が使えない時には、自動車保険の短期契約を行うケースになります。
もっとも、短期とは言え日単位で契約できる訳ではないので、月払いにして旅行などが終わる時期にあわせて解約、という方法が一般的になります。

自動車保険が不要になったときの解約方法は

とある会社の自動車保険に入ったはいいが、やむを得ない理由で解約しなければならなくなったというケースは実際に起こり得ます。
そう言った際に、どうすれば自動車保険を解約することができるかがわからなければ、不安に駆られて手続きを上手く行えないかもしれません。
ここではそうならないよう、自動車保険の解約方法についてご説明します。

まず、保険を解約するに当たり、その自動車保険が加入義務のある『自賠責保険』か、任意の加入である『任意保険』にするかで、その条件は大きく異なります。

自賠責保険のケースでは、強制保険ということで任意の時期に解約することは出来ません。
自賠責保険を解約できるのは『適用除外者となった時』『告知義務違反の時』『重複契約の時』『自動車を廃車にした時』の4つの場合のみです。

これに対し、任意保険の時にはいつでも解約することが出来ます。
まずインターネットや電話といったもので自動車保険の代理店に解約の意思を伝え、解約申込書を発行してもらいます。
そしてその申込書に記入し、手続きを行います。
詳細については代理店の説明を聞きましょう。
こうして無事解約手続きが終わると、身経過の期間に応じて保険料が返還されます。

つまり、自賠責保険に関しては基本的に解約が出来ず、任意保険に関してはいつでも解約が可能、という訳です。

自賠責保険は条件面での差異は殆どなく、解約する理由は余りないので、これで不自由することは滅多にないでしょう。
一方、任意保険は会社によって多種多様な相違が見られるので、自動車保険を選択する際は勿論、加入した後でもどこか自分にとってベストかしっかり調査しておきましょう。