自動車保険も役に立たない!? 免責事由とは:自動車保険の賢い選び方

自動車保険も役に立たない!? 免責事由とは

自動車保険に加入していれば、自動車に関する全ての事故に関して保険金が下りるかというと、必ずしもそうとは限りません。

任意保険に関しては、ある条件下における事故に関しては保険金が降りないというケースがあります。
その条件というのが免責事由です。

自動車保険の免責事由のもっともわかり易い例を挙げると、飲酒運転です。
規定以上のアルコールを摂取して運転していて事故を起こしたケースでは、この事故によって引き起こされた全ての損害に対し、保険金は下りないのです。

ほかにも、無免許運転、使用人の故意による事故、使用人の重大な過失に起因する事故などという保険加入者に大きな責任がある事故に関しては、免責事由となり、保険金が下りないようになっています。

また、地震や津波によって車両が損害を被ったケースでは、自動車から取り外されている付属品の損害、輸送中の損害、タイヤのパンクなどと言った項目も免責事由に当たります。

ただ、これらの例はあくまでも一般的なもので、詳細に関しては各保険会社で差異があります。
確実に知っておくためには、加入した保険会社に問い合わせるのが一番でしょう。

自動車保険は非常に大きな額を扱う保険です。
ひとつの事故に対し、数百万、数千万という莫大なお金が動くケースもしばしばあります。
その保険金が下りるか下りないかはその後の人生を大きく左右しかねません。
勿論事故を起こさないに越したことはありませんが、どうしても避けられないミス、自己責任のない事故が降りかかって来ない保証は何処にもないのです。
自分に起こり得る事故を想定し、それが自動車保険の免責事由に入っているかどうかのチェックは決して怠らないようにしましょう。

▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/4