自動車保険のJAは掛け金が安いことが大きな特徴:自動車保険の賢い選び方

自動車保険のJAは掛け金が安いことが大きな特徴

自動車保険を販売している保険会社は多種多様あり、どこを選んでいいのか分らない方も多いのではないでしょうか?
その中でもJAの自動車保険をご紹介いたします。

JAとは、JA共済といい、日本の農業協同組合が母体となった組合員のための保険機関です。
もちろん、農協の組合員でなくても利用することはできます。

JA共済の大きな特徴は、掛け金が安いことが上げられます。
JAの基本理念として、組合員や利用者が相互に助け合いをするといったものから生まれているからです。
さらに、無事故であると割引され、無事故を継続すると最大20等級まで割引が適用され掛け金の最高62%まで割引されます。

また、掛け金が安いだけでなく、ロードサービスも充実しています。
自動車の故障、レッカーの現場急行サービスも24時間の安心サービスです。
さらに現場急行サービスも夜間や休日にも対応してくれるので、安心して補償を受けることができます。

JAの自動車保険は、サービスにより特約も充実しています。
事故の内容によっては、軽微な破損で済む場合もあれば、廃車同然になってしまう場合もあります。
また、対物事故で相手側の自動車の修理費が非常に高価になる場合も起こりえます。
自動車の事故は多種多様なリスクが生じるので、そういったリスクをカバーするために、JAでは幅広い特約を設けています。

また、対人や対物賠償に関して無制限に補償でいる特約などもあります。
リスクに応じて特約をつけたりして、利用者にとって都合のいい保険内容にすることができます。

▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/27