自動車保険は大きく分けて2タイプある:自動車保険の賢い選び方

自動車保険は大きく分けて2タイプある

自動車保険には種類があります。
自動車保険の種類は、大きく分けると2つです。

1つは『自賠責保険』と呼ばれる強制保険です。
自賠責保険とは、『自動車損害賠償責任保険』の通称です。
自賠責保険は自動車を運転する人はすべて加入しなければならない自動車保険です。
車を購入するときや、車検のときに必ず加入します。
自賠責保険は人身事故にだけ適用されます。
保障の限度額は、傷害で120万円、死亡時は3,000万円、重度後遺障害には4,000万円です。

もうひとつは自賠責保険では補いきれないものを保障する『任意保険』です。
自賠責保険とは違い、任意保険の加入は義務づけられてはいません。
ですので、任意保険には加入しないドライバーの方もいるでしょう。
任意保険は万一の事故の時には自賠責保険では補いきれない分を保障されます。
自動車の故障時などにも手厚いサービスが受けられます。
任意保険には、是非加入するべきでしょう。

任意保険には、いくつかの種類があります。
任意保険の基本的な保険は大体5つです。
任意保険の基本的な保険と特約などを組み合わせて自分にあった保険を選びましょう。

『対人賠償保険』は、交通事故時の他人の『身体』に対しての保障です。
保障は自賠責保険を越えた部分にされます。
対人賠償保険の加入は『無制限』にするのが良いでしょう。

『対物賠償保険』は、交通事故時の他人の車を含めた『物』に対しての保障です。
バスやタクシーや電車との事故であった場合にも、対物賠償保険は適用になります。
こちらも『無制限』で加入するのが良いでしょう。

『搭乗者傷害保険』は、運転者と同乗者に対しての保障です。

『自損事故保険』は、単独で起こした事故で相手がいない場合と、相手がいても相手に対しての過失がゼロの場合で運転者が怪我や死亡した時、自賠責保険は適用になりませんので、その分を保障します。
自損事故保険は対人賠償保険に自動的に付帯されています。

『無保険者傷害保険』は他車との事故において、相手方が対人賠償保険に加入していない場合に適用される保険です。

万が一の際に慌てることがないように、このような自動車保険の種類をしっかりと把握した上で加入することは大切なことといえるでしょう。

▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/5