自動車保険でも軽く見られがちな盗難保険の真価を探る:自動車保険の賢い選び方

自動車保険でも軽く見られがちな盗難保険の真価を探る

自動車の盗難なんて自分には縁がない、と考えている方が大半だと思われます。
実際、治安の良い日本で、自動車が盗まれる、若しくは車上荒らしに合う、というケースが想像し難いのも致し方ないでしょう。
しかしながら、そうも言っていられない時代になってきているのです。

近年、自動車盗難の被害は増加の一途を辿っています。
外国人窃盗犯の集団グループ、それにくみする末端の人間……到る所で盗難の機会を伺う連中が目を光らせているのが現状です。
そんな連中から盗難被害を受けてしまい、泣き寝入りしてしまうという状況は避けておきたい所でしょう。
そのために、自動車保険には『自動車盗難保険』というものがあるのです。

自動車盗難保険は、車両本体の盗難は勿論、車内の物品の盗難、盗難を目的として行われた車体の破壊(ガラスの粉砕、キーシリンダーの破壊など)に関しても保険金が下りるという保険です。
自動車保険の加入の際、この自動車盗難保険に入っておけば、車両の損害に対する補填はかなりの範囲でフォローされます。

その一方で保険金が支払われないケースもあり、把握しておく必要があります。
例えば、被保険者が保険金目的で盗難被害にあったように見せかけた時にはこれに該当します。
ほかにも、タイヤに関しては保険が適用されないようになっています。
戦争や暴動による被害、自動車に定着されていない付属品の損壊なども保険の非対象となるようです。

自動車保険の中で、盗難被害というものは自己の損失というケースで、それほど重要視されません。
まして、自分には起こらないだろうという先入観も根強くあります。
とはいえ、自分の車を守れるのは自分だけです。
自動車保険、そして自動車盗難保険は、それを良く踏まえた上で、加入するか否かを検討しましょう。

▲サイトTOPへ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://croire.jp/mt/mt-tb.cgi/9